ソーシャル・ネットワーク アンドリュー・ガーフィールド




映画『ソーシャル・ネットワーク』に出演し、若手で一気に注目を浴びる事となったアンドリュー・ガーフィールド

カリフォルニア州ロサンゼルス出身の27歳。
アメリカとイギリスの二重国籍を持つ俳優で、3歳の時にイングランド・サリー州に移住し、高校卒業後、セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで学ぶ。

舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、2004年にMEN Theatre Awardを、2006年にイヴニング・スタンダード演劇賞の新人賞を受賞。2007年にはロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズという超有名俳優が揃って出演したサスペンス映画『大いなる陰謀』(Lions for Lambs)で映画デビューを果たす。

その後出演したイギリスの社会派映画・『BOY A』(Boy A)で英国アカデミー賞主演男優賞(テレビ部門)を受賞した。

その後もイギリス映画『ブーリン家の姉妹』(The Other Boleyn Girl)に出演、興行収入の面で良い成績を残した事で、続編の企画もあるようだ。

2009年にテリー・ギリアム監督のファンタジー映画である『Dr.パルナサスの鏡』(The Imaginarium of Doctor Parnassus)は、2007年12月にロンドンで撮影開始されたが、ヒース・レジャーが急逝、撮影が中断し一時完成が危ぶまれたが、彼と親交のあったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が別世界にトリップしたトニーを演じることが決まり、撮影が再開された。

2010年は『ソーシャル・ネットワーク』と、イギリス映画の『わたしを離さないで』 (Never Let Me Go) 、スパイク・ジョーンズ監督の短編映画に出演しており、彼のキャリアが次第に大きくなっていくのが伺える。

最も話題性があるのは、サム・ライミ監督に代わり、2012年7月公開のマーク・ウェブ監督『スパイダーマン』(Spider-Man Reboot)の主人公に決定している事が挙げられる。

ピーター役のトビー・マグワイヤからアンドリューにバトンタッチされる新たなスパイダーマンも見逃せない。

ソーシャル・ネットワーク ジェシー・アイゼンバーグ




デヴィッド・フィンチャー監督最新作・Facebookを題材にした映画・『ソーシャル・ネットワーク』で主人公マーク・ザッカーバーグを演じるのは27歳のジェシー・アイゼンバーグだ。

ジェシーは俳優として活躍し、またジェシーの妹であるハリー・ケイト・アイゼンバーグも役者として活躍中。

道化師の母親と大学教授である父親を持ち、ニュージャージー州にある高校を卒業後、ニューヨーク大学へ進学して映画学科を専攻。

1996年に代役としてブロードウェイデビューを飾り、1999年にテレビシリーズの『ゲット・リアル』(Get Real)で俳優デビューを果たした。

その後、テレビ映画やインディーズ映画などでキャリアを重ねていく中で出演したキャンベル・スコット共演の青春コメディ映画『Roger Dodger(原題)』ではサンディエゴ映画祭の新人賞を受賞。

ケヴィン・クライン主演のヒューマンドラマ・『卒業の朝』(The Emperor's Club)や、M・ナイト・シャマラン監督の『ヴィレッジ』(The Village)、アカデミー脚本賞にノミネートされた家族ドラマ・『イカとクジラ』(The Squid and the Whale)ではローラ・リニーとジェフ・ダニエルズ演じる夫婦の息子ウォルト役を演じた。

2009年には青春映画・『アドベンチャーランド』(Adventureland)で主役を務め、デイリー・テレグラフ紙では5つ星の高評価を得る。

ジェシー・アイゼンバーグは役者としての評価がとても高く、今はヒューマン系を題材とした映画を主として活躍しているが、インタビューなどで話す彼はとてもシャイなタイプで、彼は自身でも、「自分は社交的ではない。人の輪に入るのが苦手なんだ。」と語っている。

『ソーシャル・ネットワーク』が第23回東京国際映画祭のオープニング作品として上映された際は、主演のジェシー・アイゼンバーグ、脚本と製作総指揮を務めたアーロン・ソーキンが来日し、TOHOシネマズ六本木スクリーンで行われた開幕セレモニーで舞台挨拶に登場した。

その時に彼は「ファーストシーンはアーロンが書いた9ページにも渡る長いシーンでした。そのシーンを現場でデヴィッド監督は、99回も撮影したんですよ。そう、99回も。」などと、撮影裏話を披露したらしい。

今回の映画では、100を越えるテイクもあったらしく、デヴィッド・フィンチャー監督がジェシーの演技に対し、とても期待していた事が伺える。

ソーシャル・ネットワーク 出演者




映画『ソーシャル・ネットワーク』に出演しているのは、未来のハリウッド映画を支えるであろう若手俳優達が名を連ねる。

主人公マーク・ザッカーバーグを演じるのは27歳のジェシー・アイゼンバーグ

ジェシーは。ニュージャージー州にある高校を卒業後、ニューヨーク大学へ進学して映画学科を専攻。

1996年、代役としてブロードウェイデビューをした後、1999年にテレビシリーズの『ゲット・リアル』で俳優デビューを果たし、テレビ映画やインディーズ映画などでキャリアを重ねていく。

その中で出演したキャンベル・スコット共演の青春コメディ映画『Roger Dodger(原題)』ではサンディエゴ映画祭の新人賞を受賞。

ケヴィン・クライン主演の『卒業の朝』やM・ナイト・シャマラン監督の『ヴィレッジ』、『イカとクジラ』ではローラ・リニーとジェフ・ダニエルズ演じる夫婦の長男役を演じる。

2010年10月に行われた東京国際映画祭で『ソーシャル・ネットワーク』のプロモーションのため、脚本家のアーロン・ソーキンと共に初来日を果たす。

マークの親友役のエドアルド・サヴェリンを演じるのはジェシー・アイゼンバーグと同じ27歳のアンドリュー・ガーフィールド

アンドリューはアメリカとイギリスの二重国籍を持ち、3歳の時にイングランド・サリー州に移住。

高校卒業後、セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで学ぶ。舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、2004年にMEN Theatre Awardを、2006年にイヴニング・スタンダード演劇賞の新人賞を受賞。

2007年には『大いなる陰謀』で映画デビューし、注目を集める。同年公開・放送の『BOY A』で英国アカデミー賞主演男優賞(テレビ部門)を受賞。

2012年7月公開のマーク・ウェブ監督作品『スパイダーマン』最新作の主人公に決定している最も期待が集る若手俳優の一人である。

ショーン・パーカー役を演じるのは、この映画で最も知名度が高いであろうとされているジャスティン・ティンバーレイク

29歳にして6つのグラミー賞とともにエミー賞も獲得している男性シンガーソングライター。

ティンバーレイクはディズニーチャンネルのテレビシリーズ『ミッキー・マウス・クラブ』出演。男性ポップグループ、イン・シンクのリードシンガーとして1990年代後半に有名になった。

2002年にソロデビューアルバム『ジャスティファイド』を発表、アルバムは世界中で700万枚以上を売り上げた。

アルバムは商業的に成功すると共に『ライク・アイ・ラヴ・ユー』『ロック・ユア・ボディー』などのヒットも生んだ。2枚目のアルバム『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』(2006年)も成功し、『セクシー・バック』『マイ・ラブ』などがヒットした。ティンバーレイクの最初の2枚のアルバムは彼を世界で最も商業的に成功した歌手の1人にした。アルバムの累計セールスは900万枚以上である。

音楽活動以外ではファッションブランドやレストランを立ち上げており、近年は俳優や声優としてのキャリアも開始している。

モデルのようなルックスから、有名女優や歌手との噂も耐えず、2000年から2002年まではブリトニー・スピアーズと、2003年から2007年まではキャメロン・ディアスと交際。
またジャネット・ジャクソンやファーギー、スカーレット・ヨハンソンとの交際も噂された。現在はジェシカ・ビールと交際している。

リアルでもハーバード大学卒業をしているマリリン・デプリー役をするのは34歳のラシダ・ジョーンズ。

テレビドラマでも人気のある『ボストン・パブリック』の女性秘書ルイーザ・フェン役で注目を集めるが、彼女の出演している映画は日本では未公開なものが多い。

彼女は私生活での知名度の方が日本では高く、過去に俳優のトビー・マグワイア、セス・マイヤーズ、ジョン・クラシンスキーと交際や音楽プロデューサーのマーク・ロンソンと婚約していたこともあった。

女優のジェシカ・アルバ、クレア・デインズ、ナタリー・ポートマン、俳優のレオナルド・ディカプリオと親しい間柄。また、ニコール・リッチーやファッションデザイナーのステラ・マッカートニーとは家族ぐるみの付き合いである。

マークの恋人役のエリカ・オルブライトを演じるルーニー・マーラは、女優としてのキャリアよりも、彼女の生い立ちの方が有名で、ニューヨーク・ジャイアンツの副社長である父ティモシー・クリストファー・マーラと母キャスリーン・マクナルティ(旧姓ルーニー)のもとに生まれた。

彼女にはダニエル、コナー、ケイトの三人の兄弟がおり、ピッツバーグ・スティーラーズ創設者のアート・ルーニー・シニアとニューヨーク・ジャイアンツ創設者のティム・マーラのひ孫でもある。

彼女の大叔父のダン・ルーニーはアイルランド財団(アイルランド系の人々への援助を目的とする財団)のアメリカ代表を務めていた。

一卵性双生児のウィンクルヴォスを一人二役で演じるのはアーニー・ハマー。

アーニーはこの『ソーシャルネットワーク』の映画で一躍有名になり、ザック・スナイダー監督とクリス・ノーラン監督がプロデューサーとなる新・スーパーマンのキャスティングにも名前を連ねている若手のホープ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。