ソーシャル・ネットワーク 2011年度(第83回)アカデミー賞ノミネート!?




米国映画批評会議により、アカデミー賞の前哨戦ともいわれるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(National Board of Review of Motion Pictures、NBR)が発表された。

ナショナル・ボード・オブ・レビューは、映画教育プログラムの制作や、映画製作奨学金の給付など、映画の普及促進に関する活動を目的とする、民間人による非営利団体。また、例年、その年に公開されたアメリカ国内外の映画について、優秀な作品や優秀な俳優を顕彰する賞の授与も行う。

米国映画批評会議は非営利団体であるため、アメリカ国内外、芸術・娯楽を問わず、良質な映画をまったく独立して支援しているNGO組織である。

現在、会議のメンバーは12名、会員は全体で150名程度。

12月2日に米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の発表があり、世界最大のSNSサイト「Facebook」誕生の裏側を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』が最優秀作品賞に選ばれた。

同映画はほかにも、監督賞・主演男優賞・脚色賞も受賞しており、最多受賞となる主要4部門で栄冠に輝いた。

しかし、一般映画ファンも交えて選ばれるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞と、ハリウッドの映画人が選ぶオスカー(アカデミー賞)とでは意見が食い違う事もあり、過剰な期待は禁物とも言える。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。