ソーシャル・ネットワーク 製作総指揮 ケヴィン・スペイシー




映画・『ソーシャル・ネットワーク』の製作総指揮に名を連ねるのはアーロン・ソーキンケヴィン・スペイシー。(製作総指揮は映画制作会社の経営者として、製作の決定を出すくらいで現場は関与しない事が多い。)

ケヴィン・スペイシー(本名:Kevin Spacey Fowler)は、アメリカ合衆国の俳優で、ロンドンのオールド・ヴィック・シアターの芸術監督。

1990年代中ごろからは脚本家・映画監督・プロデューサーとしても活動している。

ロサンゼルスの高校に転入したころから本格的に俳優への道を志すようになる。一時期スタンダップ・コメディアンとして活動したのち、1979年にニューヨークへ渡りジュリアード学院に入学するが2年で中退。1981年シェイクスピア・フェスティバルで舞台デビューした。

1986年には『心みだれて』(Heartburn)で映画デビューを果たすと、1991年にはニール・サイモン演出の『ロスト・イン・ヨーカーズ』(Lost in Yonkers)でトニー賞を受賞。歌・ダンス・演技の全てをそつなくこなす俳優として次第に業界関係者の注目を集めるようになる。

『見ざる聞かざる目撃者』(See No Evil, Hear No Evil)で熱狂的なファンを得る。

1995年に『セブン』(Seven)で当時、出演する事を公開までシークレット扱いにし、観客のサプライズを狙った連続殺人鬼・ジョン・ドゥの役を演じ、「ケヴィン・スペイシーの出演によってセブンは完璧なサイコスリラー映画。」と称される程冷徹で不気味な役が絶賛され、注目を浴びる。

同年に公開された、隅々まで計算され尽した回想シーンを錯綜させる傑作事件映画『ユージュアル・サスペクツ』(The Usual Suspects)では、足に障害があるヴァーバルの役を演じ、アカデミー助演男優賞をはじめとして数多くの映画賞を受賞し、映画俳優としての地位を確固たるものとした。

また、1999年には『アメリカン・ビューティー』(American Beauty)でアカデミー主演男優賞を受賞。(この映画は作品賞も受賞している)

映画に出演する本数が多くいケヴィンだが、『スーパーマン リターンズ』(Superman Returns )や『ラスベガスをぶっつぶせ』(21)のように主役としてではなく、主に悪役や主役をフォローする役が多い。

また、シリアスな役だけでなく『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー 』(Austin Powers in Goldmember)に出演したり、役を選ばない=演じる事に興味があるようで、私生活については喋らず結婚歴も無いが、モノマネが得意なようだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。