ソーシャル・ネットワーク ジェネレーションY世代




Y世代(わいせだい)(ジェネレーションY世代)とは、アメリカでいわれているX世代に次ぐ世代のことです。

戦後のアメリカにおける世代は、1945年〜1959年生まれのベビーブーマーと、1960年〜1974年のX世代、1975年から1989年までに生まれたY世代の大きく三つに分類されています。

一桁台から14歳までの時期に冷戦の終結と社会主義の没落に遭遇し、10歳〜20歳になる時期にインターネットの爆発的普及を経験した。この為、インターネットを駆使して活躍する者が多いといわれている。

又、15歳〜25歳になる時期にアメリカ同時多発テロ事件に遭遇しており、政府の経済や社会政策への介入を肯定的に見る者が多い世代でもあり、バラク・オバマを大統領に当選させる原動力にもなった。

Y世代の語源は、X世代の次の世代ということに起因します。Y世代は、両親が共に戦後生まれであり、X世代とは消費行動やライフスタイルが異なっており、i-podやトヨタ車の好調はY世代によって支えられているといわれています。

日本におけるY世代は、1976年生まれ以降のポストバブル世代(ポスト団塊ジュニアともいわれている世代)にあたります。

日本では、日本経済新聞が2005年4月に「ジェネレーションY〜日本を変える新たな世代」という書籍を発行した。

韓国のジェネレーションYは「88万ウォン世代」とも呼ばれており、10代でアジア通貨危機に遭遇した為にプレカリアートが多く、金大中政権が敷いた新自由主義に反発するが故に、李明博(ハンナラ党)を大統領に当選させる原動力にもなった。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。