ソーシャル・ネットワーク ソーシャル・ネットワークとは




映画・『ソーシャル・ネットワーク』のストーリーの中心部であるソーシャル・ネットワークとは一体何なのだろうか。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Network Service, 略してSNS)は、社会的なネットワークをインターネット上で構築するサービスの事である。

代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、日本最大の会員数を持つmixi、モバイル向けのGREE、モバゲータウン、海外では世界最大の会員数を持つFacebook、それに次ぐMySpaceなどがある。

映画・『ソーシャル・ネットワーク』で描かれるのは、“Facebook”を2004年に開発した、当時ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグを中心に描かれたドラマ映画。

当初は、ハーバード大学の学生限定でネットワークが構築され、学生同士が交流を図るために作られたものであったが、その後、次第に学生達の間で話題になり、スタンフォード大学やコロンビア大学、イェール大学などの学生からの「同じようなサイトが欲しい」との要望に応え、いわゆるアイビー・リーグの学生にも開放した。

徐々に全米の学生に開放され、学生生活に欠かせないツールとなった“Facebook”

大学のメールアドレスを所有する大学生のみに参加が限られていたが、2006年初頭には全米の高校生に開放し、2006年9月までには一般に開放され、誰でも利用できるようになった。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、インターネット上で人と人同士が繋がり、コミュニケーションを気軽に楽しめる共通の場所として存在しているが、趣味や嗜好の一致した者同士が交流するだけでなく、企業でも使われてもいる。

企業の場合は情報の地域格差、全員に一定なスピードの伝達を促進する為などに利用される。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。