ソーシャル・ネットワーク アンドリュー・ガーフィールド




映画『ソーシャル・ネットワーク』に出演し、若手で一気に注目を浴びる事となったアンドリュー・ガーフィールド

カリフォルニア州ロサンゼルス出身の27歳。
アメリカとイギリスの二重国籍を持つ俳優で、3歳の時にイングランド・サリー州に移住し、高校卒業後、セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで学ぶ。

舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、2004年にMEN Theatre Awardを、2006年にイヴニング・スタンダード演劇賞の新人賞を受賞。2007年にはロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズという超有名俳優が揃って出演したサスペンス映画『大いなる陰謀』(Lions for Lambs)で映画デビューを果たす。

その後出演したイギリスの社会派映画・『BOY A』(Boy A)で英国アカデミー賞主演男優賞(テレビ部門)を受賞した。

その後もイギリス映画『ブーリン家の姉妹』(The Other Boleyn Girl)に出演、興行収入の面で良い成績を残した事で、続編の企画もあるようだ。

2009年にテリー・ギリアム監督のファンタジー映画である『Dr.パルナサスの鏡』(The Imaginarium of Doctor Parnassus)は、2007年12月にロンドンで撮影開始されたが、ヒース・レジャーが急逝、撮影が中断し一時完成が危ぶまれたが、彼と親交のあったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が別世界にトリップしたトニーを演じることが決まり、撮影が再開された。

2010年は『ソーシャル・ネットワーク』と、イギリス映画の『わたしを離さないで』 (Never Let Me Go) 、スパイク・ジョーンズ監督の短編映画に出演しており、彼のキャリアが次第に大きくなっていくのが伺える。

最も話題性があるのは、サム・ライミ監督に代わり、2012年7月公開のマーク・ウェブ監督『スパイダーマン』(Spider-Man Reboot)の主人公に決定している事が挙げられる。

ピーター役のトビー・マグワイヤからアンドリューにバトンタッチされる新たなスパイダーマンも見逃せない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。