ソーシャル・ネットワーク あらすじ




2010年のアメリカ映画である『ソーシャル・ネットワーク』(The Social Network)は、SNSサイトのFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いたドラマ映画。

ソーシャル・ネットワークのあらすじは、2003年にハーバード大学に通う19歳の学生、マーク・ザッカーバーグが彼女のエリカと喧嘩別れた事にショックを受け、彼女の事をインターネットに暴露した事から始まる。

マークはその後、学校にある数々の寮に関するデータベースをハッキングし、女子学生格付けするランキングウェブサイトを作成した。
それが学生の間で話題となり、ハーバード大学のネットワークサーバが瞬く間にパンクしてしまう程の加熱ぶりを見せたが、女子学生から抗議が殺到したのと、学校のネットワークをダウンさせた罪で、彼は6ヶ月の罰を受ける事になる。

マークは大学中の女性から嫌われる事となったが、彼が一夜にして作り上げた彼のプログラマとしての能力の高さに目を付けたウィンクルヴォス双子は、資産家の家に育ち、ボート競技のオリンピック候補でもある一卵性双生児。

双子とボート競技で同じチームのナレンドラもマークに引き合わせ、ウィンクルヴォスはマークに、自分達がインターネットで出会いの場のサイトを作りたいが、プログラマを引き受けてくれないかと交渉し、マークは了承するが、彼らとのやりとりは頻繁には行われなかった。

その後すぐ、マークは、彼が後に“The facebook"と呼ぶ事となる元のアイデアを思いつき、親友のエドゥアルドに話をもちかける。

彼のアイデアは、ハーバード大学の学生に限っているオンラインソーシャルネットワーキングウェブサイトを作り、学生達の間で情報を共有できるサイトを作る事だった。

エドゥアルドはこのサイトがとても有効的なものだと判断し、1,000ドルを提供しマークを助けたが、2人で始めたこの小さな計画は、瞬く間に大学生たちの間に広がり、ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、ついには社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと一気に成長を遂げる。

一躍時代の寵児となった彼らは、若くして億万長者へと成り上がっていくのだが、その裏で彼らを待っていたものは、ウィンクルヴォス達からアイデアを盗作したと訴えられたり、権力や金が渦巻く大人の世界だった。

日本を含む世界の登録者数が5億人を突破したと発表した“Facebook”
数年以内には、登録者数が10億人に到達する可能性があるとも言われている。

いまなお急成長を遂げている巨大なネット帝国の裏側と真実に迫る話題作。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。